健康的なコールドプレスジュースで体内洗浄をしよう!

最近耳にすることが多くなってきたコールドプレスジュース。

普通の野菜ジュースと違うところはジューサーに違いがあり、ただ絞るのではなくて圧縮しながら野菜を潰すので、繊維を極力絞らずに酵素をたっぷりと摂取することができるんです。

従来のジューサーだと高回転によって熱がでてしまい、野菜の栄養をなくしてしまうことが多かったんです。

ですが専用のスロージューサーによって素材本来の味で飲むことができるんです。

ただあまり美味しさを求めるものではなく、デトックスやダイエット目的のためにコールドプレスジュースを飲むことをおすすめします。

このコールドプレスジュースは海外セレブの間で流行したこともあり、おしゃれな女性がもっているとアイテムとしてみられています。

特に東京の表参道などのおしゃれスポットにあることから、最先端を走るダイエットジュースといえます。

このコールドプレスジュースで断食をおこなうことをジュースクレンズと言い、体内の毒素を追い出すデトックス効果があります。

また現代の食生活で疲れた消化器官などの内臓を休めることで、リセットをする役目もあるんです。

ただ専門店で買うのはちょっと高く、1杯1000円以上はザラですので、毎日飲むことなんてちょっと難しいですよね?

そんなときは自宅でもコールドプレスジュースがつくれるように、低速ジューサーも売っていますので、そちらを買って低コストでつくるのがおすすめです!

アイスでダイエットなんて出来るのか?

どんどんと新しいダイエット方法が出てきますけど、アイスクリームダイエットなんてものまであるんですね。

いくつかバリエーションはあるみたいですが、基本は朝イチで100ml程度のアイスを食べるだけなようですね。

チャレンジした方の体験談を見ると、1か月で3~5kg減ったという書き込みが多いのも気になります。

使うアイスは脂肪分12%程度のもので、出来ればバニラアイスが理想のようですが、普通の牛乳を凍らせたものでも良いという情報もありますね。

理屈は栄養が不足していると逆に太りやすくなること、乳製品に含まれる乳糖は体脂肪になりにくいこと、アイスで冷えた体を温めようと代謝が上がること、適度な脂肪分を摂る事で太りにくい体質になるという事のようでした。

アイスは大好きなのに太ると思っていたので、どうしても食べたい時には低脂肪のラクトアイスを選んだり、シャーベットや氷菓を選んで食べていたのって何だったんでしょうね。

ちょっと心配なのは、アイスが好き過ぎて100mlで止められなかったらどうしようという事なんですけど、大好きなアイスでダイエットが出来るのなら、信じて試してみるのも悪くないかなとか思っています。

私には合わないあのドリンク

健康のためにいいと言われているものをいくつか試していて、これは私には合わないと思ったのが”ココナッツウォーター”です。

昔からピーナッツバターが苦手で、アーモンドミルクもダメだったので、ナッツ系が合わない体質なのだと思います。

このココナッツウォーター、カリウムが豊富だそうです。カリウムはナトリウムを出してくれる成分で・・これはどういうことかというと”むくみ防止につながる”ということです。

ということはやっぱり飲みたいのですが、1度1パック飲んだときの感触があまりよくなかったので、世間でどんなに流行っても私はもういいなと思っています。

これはココナッツウォーターが悪いわけではなく、”私には”合わないというだけのことです。おいしいという人も多いです。

そんな私が最近食べているのがアサイーです。アサイーと他の果物にヨーグルトをかけて食べています。

アサイーを選んだのはミランダ・カーの影響です。

ミランダ・カーの記事を読むと、他にも体によさそうなものばかりを食べているそうで、自分の食生活を振り返ってダメだなぁと思いました。

体によくて自分に合う食べ物を、これからも取り入れていきたいです。

健康を損ねないダイエット

ダイエットも大事ですが、ダイエットよりも大事なことは”健康”です。

これは当たり前なことですけど、つい忘れてしまって無理してしまいます。

たとえば食事を見直して食べる量を減らすことは大事ですけど、それを極めすぎてしまうと危ないです。

自分では気づかないまま、拒食状態になってしまうこともありえます。ダイエットを思いつめないようにしたいです。

私はこういう経験はありませんが、体調を壊して食欲がなくなったことあり、そういうことになってもやせないということがわかりました。

食べる量を減らすだけだと筋肉も落ちるから、ちょっと細くなったような感じがしますが、これだけでは体重は減りません。

食事を減らすよりも、食べる食材を変えてみるほうがいいと思います。

例えばチョコレートを食べたいときには、板チョコではなくて麦チョコを食べるとか、いきなりお菓子を断つよりも、少しでもカロリーが少ないものに変えていくという方法です。

お菓子を少し減らして野菜を増やすなど、こういう変化を少しずつつけていくわけです。

これを繰り返していけば、いずれはヘルシーな食事になる・・と思います。

毎日これをやるのはきついかもしれませんから、たまには多めにスイーツを食べるのもいいと思います。